アパレル転職年齢制限は?30代40代OK!【成功するための秘訣】未経験可

アパレル転職年齢制限は?30代40代OK!【成功するための秘訣】未経験可

 

○ アパレルで経験を積んできたけれど、今後のことが心配!?

 

アパレルで、年齢について気になるという場合、今後の仕事として『ファッション関連の仕事を続けて大丈夫?』という声は多いです。業界的に、ファストファッションの影響や、アパレルの業界自体の売り上げの落ち込みがここ数年続いていることから、不安を感じながら仕事を続けているという方も、多いようです。特に中小規模のアパレルの企業で苦戦している会社が多く、業績を大幅に伸ばしているのはごく一部で、大手の商社系の企業は、採用数を増やしています。

 

今後、アパレルで実績を積んで行きたいという場合に、年齢の壁を感じるということもあると思います。

 

・転職を考えて、いざ応募してみようと思うと、望んでいるブランドの面接を受けることさえできなかった。
・デザイナーやパタンナー、販売員などの場合、センスや自分自身の志向が変わって、今働いているブランドと、マッチしないような気がしてきた。
・立場的に、職場の仕事の中で、管理側の仕事を求められることが増えてきたけれど、年齢の離れたスタッフとのコミュニケーションに自身がない。

 

などなど、普段はそれほど感じていなかったけれど、ちょっとした出来事をきっかけに、自信を失うきっかけになったり、『このままで良いのかな・・・』と、迷いながら働いているというケースも多いようです。

 

そんな時には、下記の『失敗しないために【一般論&オススメの方法】』を参考にすることで、少し解決の糸口が見えるはずです。

 

○ これからアパレルの仕事に転職したいけれど、未経験からでも大丈夫?

 

アパレルの仕事で、年齢のことを気にしている、という方に多いのが、『ほかの業界から、アパレルに転職したいのだけれど、未経験でも大丈夫ですか?』という声です。結論から行ってしまうと、「異業種からの未経験の場合でも、アパレルの転職は可能。出来れば応募する職種に関係するスキルをアピールできると、採用されやすい」という結論になります。

 

例えば、完全にアパレル業界の仕事にかかわったことのない、未経験の方に対しても、最近では、アパレル専門の転職サイトが無料支援サポートを
してくれることがあります。もし関東県内での転職を考えている場合、ファショーネによる転職支援サービスは、手厚い支援を行っていますし、関東以外の県で転職を考えている場合には、iDA(アイディアクセス)というサービスが支援をしてくれて、役立ちます。

 

 

ファッショーネが提供している求人のブランドには、こんなブランドがあります。

 

 

とはいえ、ある程度の年齢で求人応募する際には、必ず『これまでどんな職歴と経験を積んできたのか?』という点を、必ず確認されます。他の応募者と比較して、より採用されやすいようなアピールの方法は、事前に必ず用意しておくべきです。何もアピールできることはないと思っている場合でも、キャリアアドバイザーなどに、相談することで、例えばこれまでの仕事上での「コミュニケーションスキル」や、「努力して達成してきたこと」など、アパレル業界に関連するような、面接者に「刺さる」伝え方を、用意しておくことで、より採用される確率が高まります。

 

一人で、転職活動をしようとしていると、同じ考えにとらわれて、堂々巡りになってしまっている!ということも多いようなので、困っている場合には、上の二つの無料サービスは、他では提供されていないので、役立つはずです。

 

 

○ アパレルで働き続けて、将来が心配という声も。キャリアアップと待遇改善の可能性

 

アパレルの販売員の、30代後半の平均年収は300万円~390万円です。中小のアパレルブランドだと、低い年収のまま、成果が給与に反映されないことが多いのが現実です。確かに、多くのアパレルブランドの中の、特に専門職(デザイナー・パタンナー・MD・VMD・生産管理など)で、雇用形態が非正規であることが多いため、それをきかっけに転職を考えることも増えています。

 

逆に企業側からすると、人材を確保したいという動きもあり、特に業績が伸びているブランドでは、正社員として長く働いてもらうような、雇用体系にシフトしてきている企業もあります。全般的にいえるのは、大手のブランドや、個性的なブランドで経営的に上手く売り上げを伸ばせている企業に、今後のアパレル企業の可能性があります。

 

キャリアアップと同時に、これまでよに環境の良い職場を求めて、転職活動を成功されているというパターンも多いので、今後アパレルで転職する可能性が少しでもあるならば、経験者限定のアパレル転職サービス「CREDENCE」も、支援内容が手厚く、「非公開求人」にアクセスできるので、オススメです。

 

 

○ 実際、アパレルの転職の際、年齢制限はあるのか!?

 

年齢制限はあるのか?現在の日本の法律(雇用対策法)によって、『企業は、募集・採用時に、求職者を年齢で制限をつけることは基本的に認められていない』のです。
ですので、名目上では、求人欄に年齢制限が、大々的に書かれていることはありません。

 

しかし、実際の、企業側の希望について考えると別の側面が見えてきます。やはり企業側としては、そのブランドにもっともあった年齢の販売員を置きたいのが本音であり、かつ販売スキルや、店舗運営などの管理能力があれば、さらに優遇したい、というのが本音です。販売員以外の、専門職については、技術面や実績、それまでの経験と、現在企業側で求めている仕事内容との相性などが、総合的に求められますので、接客と比べたときには、年齢というよりもスキルが重視される傾向です。

 

 

○ 失敗しないために【一般論&オススメの方法】

 

アパレルの転職で、年齢について不安があるという場合の対処法として、一般論で答えると、『年齢よりもこれまで、達成してきた実績・経験・スキルを上手くアピールする』ということが、一つの答えになります。

 

その際、より具体的に、『私が御社で働いた場合には、○○○の部分で貢献できます』という、明確なイメージを、採用担当者に伝えることができると、より強く自分のことを記憶してもらう可能性が高まります。

 

企業側も、採用することに対して、不安を払拭したいと思っているので、企業側の質問意図を、汲み取って、年齢も含め面接全体を、プラスのイメージに導けるようなアプローチをしましょう。これまでの実績・経験を上手くアピールしてみるは効果的です。

 

 

 

他に、オススメの方法として、アパレル専門の転職支援サービスの中で提供されている、キャリアアドバイザーによる転職相談を上手く活用すると、転職活動がよりスムーズに進むはずです。

 

上に書いた通り、業界未経験で関東県内の場合は「ファショーネ」、関東圏外の場合は、「iDA アイ・ディアクセス」、業界経験者の場合なら、「CREDENCE」というサービスを利用すると、アドバイザーによる支援を無料で受けることが可能です。

 

特に、転職活動では時間が足らなかったり、一人で履歴書を書いて、写真を撮ってということを繰り返していると、自己アピールや、自己分析も、行き詰ってしまう!ということが多いようですね。

 

もし、アパレルで働く!と決まっている場合は、一歩踏み出して、専門の転職サービスを活用することで、アパレル業界の転職事情も聞いてみるなど、より具体的に相談しながら求人を探してみると、これまで見えていなかった企業・ブランドにも視野が広がるはずです。

 

ぜひ、振り返って転職して良かったと言えるように、きめ細かな情報取集と、無理のないスケジュールでの転職を!