業績低迷中のアパレル企業が果たして、年齢制限なしに採用を続けられるか?

業績低迷中のアパレル企業が果たして、年齢制限なしに採用を続けられるか?

業績低迷中のアパレル企業が果たして、年齢制限なしに採用を続けられるか?

アパレル業界は経営を続けていくのが難しいと言われておりこのまま年齢制限なしに採用を続けていくことが出来るかという懸念がされています。

 

しかし結論からいうと例え業績が低迷中であっても30代には30代向けのブランドがあり、40代には40代のブランドがあるので一概に年齢制限があることがプラスに働くとは言いがたいです。

 

また年齢を重ねていくうちに販売の接客スキルが磨かれていくこともあり、ご本人のやる気次第で様々なキャリアアップを目指すことが可能です。

 

アパレルで働くと言っても働き方や業務の習得土は大きく異なるので、接客販売だけではなく企画や営業職、デザイナーとして働くこともあります。こうした本社勤務の仕事はある程度現場で経験を積んでいることが条件になるので若い新しい子よりも転職で色々な経験を得ている人の方が好まれる傾向にあります。

 

しかし今までアパレルでの経験がなくて他業種や職種からいきなり転職をするのは難しい場合もあります。

 

これは接客業全般に言えることですが、事務職や管理職とは異なった性質の仕事なので、長期教育を行っていくのであれば若いうちに採用する方を好む会社も少なからずあります。

 

このように年齢制限なしで採用を続けるのにはメリットとデメリットの両方があると言えます。