美しさを売るアパレル業界。年齢の壁はどれぐらい?

美しさを売るアパレル業界。年齢の壁はどれぐらい?

アパレル転職年齢制限あり?でも法律的には?

アパレル業界といっても実際、その中でも部門に分かれていたり販売においてもターゲット層があったりとそれぞれにおいて年齢制限も幅広くあります。

 

子供、ティーンズ、学生、社会人、ミセス他様々な層や低価格大量販売、高級ブランド販売などによってもそれぞれに似合った販売員、スタッフが必要とされてきます。

 

販売においても、企画・マネージャー・バイヤーなどにおいても最終的には経験が重要です。
ミセスターゲットの場合、その他に比べれば年齢制限も高くなりますが、未経験者と経験者ではもちろん経験者を求められます。
若者をターゲットとしている場合はやはり、一般的にはそのターゲット層に似合ったカリスマ的なお洒落なセンスを持った販売員・スタッフでなければなりません。

 

アパレルへの転職を考えるならば、トータルにみて最低でも年齢制限は25歳前後といえます。
アパレル業界へはほとんどの企業で10代から入社でき、どのターゲット層、どの部門に配属されるにしても経験があるに越したことはありません。

 

美しさを売る、夢を売るアパレル業界は、自らがファッションリーダーとなりお客様がより満足される方向へ導いていくものともいえます。
年齢制限は実際、求人には書かれていなくても、転職する際は若ければ若いほど有利な業界です。"